2006年04月22日

今晩のご飯は海鮮ちらし

海鮮ちらしっといっても
そんな、大そうなものは作ってません。

ただ、酢飯(シャリ)を作って
しいたけや竹の子などの具を混ぜて
その上に、マグロやはまち等をのせただけのものです。

酢飯の作り方
合わせ酢:3合の場合(砂糖:60g・塩:10g・酢100cc)

お米を洗って、水加減を通常より少なめにして
昆布(5cm×5cm)と酒(10cc程度)を入れて
30分おいてから炊きました。

炊き上がってから5分ほど蒸らし、昆布を取り除いてから
半きり(酢飯を作る時にご飯を入れる木の桶)にご飯を移し
合わせ酢をしゃもじにかけながらご飯にかける。


ご飯を混ぜるという感じではなく、しゃもじで切るような
感じで、うちわで扇ぎながら混ぜる。
ある程度、酢飯が室温になるぐらいまでやる。

具はしいたけの甘煮、竹の子、にんじん、錦糸玉子、酢レンコン

しいたけ甘煮の下ごしらえ
乾燥しいたけ8枚をお湯で戻す(約30分)
なべにしいたけを入れ、ひたひたになるように戻し汁を入れる。
味の素のほんだしを2g入れて火にかけ、10分煮る。
砂糖:大さじ3・しょうゆ:大さじ1.5入れて20分煮る。
火を止めそのまま冷やし、薄切りにする。

竹の子
竹の子(50g)の水煮を食べやすい大きさに切る。
おなべに水:100cc・砂糖:小さじ2杯・しょうゆ:少々
味の素のほんだし:5g入れ、味の確認をしてから
竹の子を入れ、火にかける。
5分ほど煮て、火を止めそのまま冷やす。

にんじん
にんじんを今回はさくらのような形にして10枚用意しました。
そのときに出たカスをみじん切りにする。
おなべに水:100cc・砂糖:小さじ2杯・塩:少々
味の素のほんだし:5g入れ、味の確認をしてから
にんじんを入れ、火にかける。
5分ほど煮て、火を止めそのまま冷やす。

錦糸玉子
薄焼き卵を焼いて千切りにする。
コツとしては弱火で卵焼き器を温めて溶き卵を薄く流しいれる。
あまり溶き卵を入れすぎると厚くなりすぎて錦糸玉子に
見えにくくなりますよ。

酢レンコン
といってもあまり手はかけてません。
レンコンの水煮(薄切り)をスーパーで買ってきて
酢に砂糖を入れたもので酢洗いしただけです。
だから、そんなに味はついていませんでした。
ほとんど、歯ごたえのアクセントだけでした。

これらの具が全部そろえてから酢飯に混ぜました。
あと、紅しょうがのみじん切りを加えて
竹の子とにんじんの飾りを上にのせ、
ちらし寿司は完成しました。

それで、今回は海鮮にしたんで
スーパーでお刺身の盛り合わせを買ってきて
ちらし寿司の上にのせて海鮮ちらしの完成です。

今回のせたお刺身は
まぐろ、はまち、赤貝、いか、サーモン、いくらでした。
この部分はお好みのものをのせればよろしいかと思います。

しゃりさえできれば、手巻き寿司やにぎり寿司を
ご家庭で楽しめますよ。
お店で食べたほうがおいしいかも知れませんが
結構、家庭の味ってのもよろしいのでは
なんてね。
posted by ワンダーりょうちゃん at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

今晩は天津飯

今日は買い物に行きませんでした。
で、冷蔵庫の中を見たところ何もありません。

あるもので何か作ろうと思い
材料をあさったところ
卵(いつも大量に常備しているので)
かに風味のかまぼこ
「ん!これで天津飯作ろう」

ってことで、次に探したものは中華スープの素
ありました。「味の素の丸鶏使用のガラスープ」の素が
水300ccに小さじ2杯で十分味が出るのでこれでOK
あと、ごま油と塩で十分作れます。

中華料理のお店で食べる味には負けるでしょうが
家庭で作るには十分でしょう。
アレンジもできますしね。

まず、卵2個をボウルに割り入れて、混ぜます。
その中に、カニカマを割いて入れます。
味付けに、塩とごま油を入れて満遍なく混ぜます。

なべに水を150cc入れて沸かします。
沸騰したら「味の素の丸鶏使用のガラスープ」の素を入れ
塩、こしょう、しょうゆで味を調えます。

アンができてから中華なべを火にかけます。
中華なべから煙が出だしたらサラダ油を入れます。
ある程度多めに入れてください。
それを油受けに入れ、もう一度サラダ油を入れます。
もう一度繰り返して、サラダ油を大さじ2杯程度入れます。

その中に卵を一気に入れてください。
混ぜながらふんわり焼き上げてください。
卵が焼けたところから中に入れるような感じで
ある程度焼けてきたら、反転させます。

なべに油が十分なじんでいたら、
卵は中華なべにくっつくことはないので
反転できると思います。

ご飯を器に入れて、焼きあがった卵をのせ
アンをかければ出来上がりです。
普通においしかったですよ。

でも、あればうれしい食材は、土しょうがとにんにく
卵を焼く前に、油返しを3回やったあとに、油を入れます。
そのあとに、潰したしょうがと潰した生にんにくを入れて
油に香り付けします。それで卵を焼くと旨みが増します。

それとアンに豚肉とかきくらげとか足しても
中華らしくなりますよ。

ほんと、今日の材料費なんていくらになるんでしょ?
100円もかかってないんじゃないんでしょうか?
下手をすれば50円もかかってないような。

卵2個で20円、カニカマ10円以下、あとご飯に
塩、こしょう、トリガラスープなどで50円ぐらいですね。

家庭で作るんだったら、中華丼にかに玉を入れても
いいんじゃないでしょうか?野菜も摂れますしね。

そうそう、今日使った中華なべですけど
実は100均で買ったものなんですよ。
一人分作るのには最適です。

本当に今日の晩御飯にはお金をあまりかけなかったなぁ
しかも、簡単で早くできました。
これから、アレンジも考えていこうかな。



posted by ワンダーりょうちゃん at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

昨日のお食事は

ちゃんと食べた記憶がなく、間食をしてた一日ですね。

何でかというと・・・

朝から、お花見のお弁当作りで作りながら、

その、おかずをつまみ食い。

そのお弁当の中身は

出し巻き玉子焼き、アスパラとポテトの豚肉巻き、おにぎり

てんぷらソテー、照り焼きチキン、焼きそば、ホットサンド

チーズハンバーグとナポリタンスパ(冷凍食品)

写真は撮ってないのですみません。

玉子焼きとおにぎりは好評だったみたいです。

ということは…、僕は花見に参加してません。

妻と子だけのお弁当を作ったのでした。

子供の保育園のときのお友達とお母さんたちが

集まってお花見を毎年するので

そのお弁当のおかずを作っただけです。 

出し巻き玉子焼きは、

 玉子(LL)を3個に、
 ほんだし(味の素社?)を小さじ1/2杯、
 塩を小さじ1/4杯
 しょうゆを少々
 味の素を少々
 水を100cc
 これらを全部いれ、かき混ぜて玉子焼きにしたものです。

おにぎりは、鳥の炊き込みご飯で作ったものです。

 水をカップ5杯(900cc)を沸騰させて、その中に
 ほんだしを1.5袋、塩を小さじ1杯、しょうゆ大さじ2杯、
 酒を大さじ1杯、みりんを大さじ2杯、味の素を少々を入れて
 味を確認して火を止めて覚ましておきます。

 だしが冷めたら、米5合を洗米して30分水切りします。
 お釜に洗米を入れてだしを5合分を入れて
 だし昆布(3cm×3cm)を入れ、一晩おきました。

 具材は、前日に
 鶏もも肉を1枚を皮面だけフライパンで焼いて
 冷ましてから細かく切って、ボウルに入れて酒としょうゆで
 混ぜておきました。
 しいたけ、にんじん、シメジ、たけのこもみじん切りにしました。
 うす揚げは細かく切ったあとに、ごま油で炒めてておきました。

普段の炊き込みご飯のときは細かく切ることはしませんけど

おにぎりにするのは決定してたので、敢えて細かくしました。

普段と同じ大きさの具材だと、おにぎりにするとき

折角、おにぎりにしても、鶏肉がボロッととれたり、

たけのこや、しいたけはペラっとはがれたり

おにぎりが崩れてしまうので、おにぎりにしやすいように

具材を細かくしました。

これも、前日に作っておいて、炊飯器のスイッチを入れる前に

その具材をお釜に入れました。

前日から具材を入れて、タイマーにしてもいいかも知れませんが

鶏肉が腐ったら嫌なので、一晩おく場合は前日仕込みの

当日、釜に入れてから炊くようにしてます。

朝、起きて具材を用意するのも大変ですからね。

それで、やっぱりおにぎりにする場合は

具材を細かくしていて正解でした。おにぎりにしやすいし、

具材がポロポロ落ちないので食べやすいですしね。

後のおかずは豚肉に冷凍のフライドポテト用のポテトを巻いたものを
塩コショウをしたものをフライパンで炒めて、
しょうゆで味付けしたもの。
アスパラも同様です。塩茹でしたアスパラを豚肉で巻いたものです。

焼きそばは、豚肉とキャベツのソース焼きそばです。

ホットサンドは、ロールパンに切込みを入れて
焼きそばを入れた焼きそばパンと
キャベツの千切りを、カレー粉で味付けしたものを挟んで
ウインナーを乗せて、ケチャップをかけたもの2種類でした。

てんぷらソテーは市販の練物(さつま揚げみたいなもの)を
フライパンで、ただ焼いただけです。

照り焼きチキンもフライパンでソテーして、
砂糖、酒、しょうゆで作ったものです。

あと、冷凍の枝豆もゆでたものも持っていったみたいです。

これらを作りながら、つまみ食いをしてました。

昼も、ちょっとずつ残った、弁当の残りで昼ごはん終了。

夜帰って来たのが、妻とうちの子でない子供2人と

その子供のお母さんでした。

うちの子は、友達の家にお泊りでした。

それで、その人たちにカレーうどんを作りました。

そのときもつまみ食いだけで終了。

そんな一日でした。

posted by ワンダーりょうちゃん at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

今日の昼ご飯、オムライス

今日もちょこちょこっと昼飯を作りました。
うちの息子は何でも美味しいっと言ってくれます。

それは何故か?
ひとえに嫁さんの教育の賜物です。
一言でも「まずい」なんて言うと

「もう、食わんでええから」
「二度と作らん」
「自分で勝手に作って食えばええねん」

これだけ言われれば
美味しいと旨いしか言えなくなりますよね。
僕も基本的に同じ考えなので「ええか」とは思いますがね。

今日のお昼はオムライスとカレーうどんでした。
とりあえず「おいしい」と言ってくれました。

02021911.02190002.JPG

02021911.02190003.JPG

ミクシィやってるんですけど、
そこで、ミク友に怒られました。
内容は
----------------------------------------------------------------------------
美味しいときは美味しいといってもらいたいですもんね。

でも。。。。美味しくなくても、、、、美味しいと言わないと
いけないのは、かわいそうな気がします。。。

作ってくれたことに感謝していただきまーす!ってだけではだめですかね。

息子さんの気持ちを考えると、我慢するのも、、うぅん。

いろいろなお家がありますからね。

でもきっと美味しいものしかでてこないのだと思います。

何かのCMで、お母さんが「今日は何が食べたい?」
息子「1度でいいから美味しいものが食べてみたい。」と。
残酷なCMですね。

--------------------------------------------------------------------------------

これはごもっともな意見です。
別に無理やりまずいものを美味しいと言わせてるわけでないですよ。

ただ、このように「美味しい」って言わせるか弁明すると、
ご飯前に子供がお菓子を食べるわけですよ。
そのときに限って、食べるペースというか
あまり、おいしそうに食べないわけですよ。

それに、基本的に子供の好きな料理を作っているのに
まずそうな顔をされたときに言わせるんですけどね。
それで、まずいって言われたときに言う言葉です、ハイ。







posted by ワンダーりょうちゃん at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

今晩のおかずは!手巻き寿司

今晩のご飯は、巻き寿司に決定してます。
そのため、お昼前から材料の買出し。
といっても、マグロとかに棒ですけど。

もう、ご飯に酢を打ってシャリは作ってあるから
のりを焼いて、シャリをのせて、具のせて、巻いたら終わりだけど。
鉄火とサラダ巻きを作って

南南東に向かって、大きな口を開けてがぶりと
やっちゃいます。(笑)

あと、いわしを焼いて、これも食っちゃいます。

あまりにも材料が少ないから、今から買出しにでも
行って来ようかな。

今日は豆まき、節分です。
太巻きにかぶりつく日です。
南南東に向かって笑いましょう。
posted by ワンダーりょうちゃん at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

今日はカレー

今日は昼過ぎからカレーの準備をしました。

ごく普通の家庭のカレーです。

材料も、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、牛肉のスライスといたって普通です。

他の材料は、味付け風味付け用に、ケチャップ、牛乳、カレー粉、ガラムマサラです。

カレーのルーは、ジャワカレー(中辛)とゴールデンカレー(辛口)を混ぜました。

作り方も至って普通です。

じゃがいも、にんじんは皮をむいて、一口大に切って、たまねぎは皮をむいて櫛切りにして

フライパンにサラダ油を入れて、ひと食材ずつ入れて炒め、お湯の沸いている鍋に入れる。

お肉は最後に、フライパンに入れて塩、コショウ、ガーリックパウダーをふりかけ炒める。

お肉を鍋に入れて、ケチャップ、牛乳、カレー粉、を入れてから、弱火でコトコト

6時間ほど放ったらかしてます。それからカレールーを入れ、仕上げにガラムマサラを入れ

ルーが溶けて30分ぐらい煮込む。

今日のカレーのできは、結構美味しかった。自分で作って言うのもなんですけど、

辛くて、自分の好みの味に仕上げられて良かった。

そんな辛いカレーを9才の息子が文句も言わず食べたから良かった。




posted by ワンダーりょうちゃん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
みんなのプロフィールSP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。