2006年12月06日

大根が食べれなかった(TT)

昨日の報告から・・・

やはり大根のおでん食べれませんでした。
わかっていたことだけど・・・

あれだけやわらかく
中まで味がしみこんでいたら
誰だって食べてしまいます。

なにが悲しいかって
すべて跡形もないんですよ。
だしすら残っていませんでした。

ということは
もう、作れないんですよ。
作るとしたら
一から作らないと食べれないんです。

また一から大根の皮を剥いて
何等分かに輪切りして
面取りはしませんが
それを、米のとぎ汁で
やわらかく、大根が透き通るくらい煮て
それから、おでんのだしに放り込んで
4〜5時間、弱火で煮込んで
やっと食べれるんですよ。

2〜3時間煮込んだだけでも
食べれますけど
味のしみこみ加減が
足りない感じがするときがあるので
やはり、4〜5時間煮込んだ方が
やわらかくて、おいしい状態だと思います。

あぁ、また今度作って食べよっと。
ラベル:おかず ごはん
posted by ワンダーりょうちゃん at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お惣菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
みんなのプロフィールSP
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。