2006年09月03日

お昼の続きです。今日の晩御飯は豚の角煮だった。

お昼の続きですが

豚バラを適当な大きさに切って

3時間煮込んで4時間ほど寝かして

それから食べました。



肉の身はやわらかく

油の部分はトロトロで

本当に「ウマッ」って感じでした。

うちの子もペロッと食べちゃいました。









ところで、お刺身(お造り)ってお好きですか?

スーパーやお魚屋さんで切り身を買って

お皿に盛れば、それだけでお酒のあてや

ご飯のおかずになる、お手軽アイテムですよね。


でも、いつも食べきりますか?

残ることはないですか?

うちはあまり切り身では買わなくて

短冊で買って、自分で切ります。


そうすると、結構な量が取れてしまって

妻は刺身を食べないんで

子供と2人で食べるんですが

やっぱり、あまるんですよ。


それを次の日食べるのが怖い時ってないですか?

「このまま生のまま食べても大丈夫かしら」って時が・・・


そんなときうちでは決まってある方法で食べます。

取敢えず、フライパンに火(中火)をかけ、バターを入れます。

そこに、残っている刺身を入れます。

塩、こしょうで味付けをして

仕上げにしょうゆを入れて

お皿に盛って完成です。


もう、ひと工夫ということで

しょうゆを入れた後にレモンの絞り汁を入れる。

これはサッパリして、夏場には良いです。


もうひとつの工夫は

しょうゆを入れた後に、一味唐辛子を入れる。

これはピリ辛で、ビールのあてに最高


最初にバターでなく、サラダ油で豆板醤を炒めてから

刺身を入れて、刺身の表面の色が変わる程度に炒めれば

ちょっと変わった魚の炒め物ができます。


刺身はどんなものでもOKです。

まぐろでもはまちでも。

NGなお刺身は、いくらかな?

あとは何でもいけると思いますよ。


ただ、あまり火を通し過ぎないこと

元々、刺身でも食べれるものだけど・・・って

感じのものをいかに食べるか

どう工夫すればよいかだけですから。

がんばって、あまり食材を無駄にしないようにしましょうね。



ラベル:おかず
posted by ワンダーりょうちゃん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お肉料理(豚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
みんなのプロフィールSP
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。