2006年04月24日

昨日の晩ご飯

昨日は父親の命日が近いために、
お寺さんに来ていただいて
法事を行いました。
朝から掃除をして食事の買い物にいきました。

時間もないため、ほとんどお惣菜を買って帰りました。
ものは、金平ごぼう、ほうれん草のおひたし、ひじき、からしレンコン
てんぷらの盛り合わせ、お寿司、お刺身の盛り合わせ
湯葉入りの豆腐、いか明太でした。

てんぷらの盛り合わせはえびが2本、キス、なすび、さつまいも、
れんこん、青しそが入って350円でした。

お刺身の盛り合わせは、まぐろ、はまち、あじ、たい、甘エビ
いか、たい、いくらが入って950円

お寿司は、まぐろ、とろ、うなぎ、あなご、いくら、うに
はまち、えび、たい、かずのこで、1380円
あと、かずのこ入りのサラダ巻き380円でした。

かなり安く、満足できるだけのものを買うことができました。

作ったものは、竹の子の土佐煮と若竹汁でした。
嫁さんの実家から送ってきてもらったものを使いました。

竹の子の土佐煮は簡単ですよ。
竹の子のあく抜きをしたものを、食べやすい大きさに切ります。

うちの場合は、5mmぐらいの厚さにスライスして
それを半分に切って、半月状にします。
穂先4〜5cmのところで切り、縦に8等分します。

なべに水と味の素のほんだしを入れ沸騰させます。
その中に竹の子を入れて砂糖を入れます。
しばらく煮てからしょうゆ、みりんを入れて味を調えます。

ある程度、味が竹の子に付いてから
火を止める前にかつをぶしを入れ全体を混ぜます。
それを器に盛って完成です。

若竹汁も簡単です。
かつをだしの汁に塩、みりん、酒、しょうゆで味を調え
その中に、食べやすく切った竹の子を入れて
少し炊いて、食べる前にわかめを加えて
ひと煮たちさせて、汁碗に盛れば完成です。

竹の子2品の味付けは、家庭家庭の味の付け方があると思いますし、
それに、なべの大きさ、竹の子の量で変わることもありますので
あえて、分量は載せませんでした。

posted by ワンダーりょうちゃん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
みんなのプロフィールSP
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。